福岡県宗像市の歯科医院 みずほ歯科クリニック 歯科、心療歯科、口腔外科、インプラント、ホワイトニング

HOME クリニック案内 院内紹介 ドクター紹介 リンク集

親知らず

当院では親知らずの診断・治療も行っております。

  • 親知らず

    抜いた方が良い親知らず

    かみ合わせ等によって、斜めや横に生えている場合があります。この場合は、腫れたり虫歯になったりしやすいので、抜歯を検討いたします。
    また、矯正治療を検討している場合は抜いたほうがよい場合もあります。また矯正治療完了後に、親知らずが生えてくると再び歯並びを乱すことがあります。通常の親知らずは、局所麻酔で抜歯することができます。

  • 抜かないほうが良い親知らず

    親知らずは生え方によっては抜かなくて良い場合もあります。
    歯の全体または一部がきちんと見えていて、まっすぐ上に生えており、腫れや痛み等がなければ、そのままにしておいても良いです。

    咬み合わせがよくて、虫歯の心配がない場合は残すという判断もあります。

歯の移植・再植

  • 移植・再植

    また、親知らずの手前の奥歯が虫歯や病気・怪我などで無くなってしまった場合や、抜歯したりする場合は、親知らずを移植して活用ができる場合がありますので、是非ご相談ください。

病巣や破折部位等の切除

  • 切除について

    歯の痛みは必ずしも虫歯などの見える部分から発生するわけではなく、歯の奥の根部分から発生する場合もあります。

    歯の根部分に起こる根尖病変や歯根破折などが見つかった場合は、口腔外科領域である「歯根端切除術」や「根尖切除術」による治療を行います。

事故で歯が折れたり、抜けてしまった場合の外傷治療

  • 牛乳

    外傷治療

    事故やけがによって、歯が折れてしまったり、抜けてしまった場合、その歯の折れ方・経過時間によって残せる場合もあります。

    抜けてしまった歯は、可能なら口の中の歯が元あった位置に差して保存して下さい。
    また、歯の周囲にある繊維を損傷してしまうため、歯に汚れが付いてしまっている場合でも水洗いなどを汚れをとるようなことをしないでください。

    口の中に保存できない場合は、牛乳かコンタクトレンズの保存液の中に入れて保存し、可能な限り早く、歯科医院に持ってきてください。